ハートと救急車

メディカルダイエットをして美しい体を手に入れよう

ダイエットの新しい方法

男女とメジャー

がんばらないダイエット

「ダイエットに必要なのは、運動と食事制限」確かにそれは間違いありません。でも、真の意味で必要なのは、継続させることです。目標とする到達点、具体的には「何kg体重を減らすか」によって期間は異なってきますが、一日〜二日、一週間〜二週間で目標点に達することは普通は有り得ません。ボクサーのように、短期間で減量する場合などの様に厳しい運動と食事制限を経れば可能かもしれませんが、アスリートではない一般人がそれをやると体を壊してしまうでしょう。最低でも何ヵ月かの期間をみなくてはなりません。でも闇雲に運動と食事制限を課しても、中々上手くいきません。モチベーションを維持し、確実に効果を出す。それを医学面からアプローチするのがメディカルダイエットです。メディカルダイエットの特徴は、まず現在の生活を把握し、その上で計画をたてることにあります。継続することを前提に置くので、無茶なことはしませんし、食事を制限するにしても、その人に必要な栄養は摂るよう指導されます。いわば、メディカルダイエットは科学的なダイエット法と言えます。

続けるためには

メディカルダイエット医学的な根拠をもとにダイエット計画を立案しますが、実際に指導するのは医師、つまりは人間なので、そこにはやはり相性があります。メディカルダイエットの基本は実生活の改善ですが、必要に応じて食欲抑制剤などの薬も処方されます。しかし、「薬には頼りたくない」「薬を使ったらダイエットではない」という考え方も当然あります。トラブルを避けるためにも指導を受ける際に、自分のダイエット対する方向性は話しておくべきです。そして、気をつけなければならないのが、お金の問題です。医師の診察を受ける訳ですから、そこには診療代が発生します。ダイエットは効果を出すためには相応の期間がかかり、それに比例して支出も増えていきます。その辺りも念頭に入れる必要があります。

聴診器と模型

遠方空の通院が可能

腎臓の病気で人工透析が必要になると、医療機関への通院が必要になります。遠方にあるなど通院が難しい場合は、送迎サービスを利用しての通院が可能です。自分での乗り降りができないと利用ができないので、家族に付き添ってもらう場合もあります。

男女

難しい治療も可能

脳や内臓の病巣は、開頭や開腹をして人の出て取り除くしかありませんでした。サイバーナイフは、放射線の力で病巣を体の外から狙い撃ちできます。これまで外科手術ではできなかった手術も可能になり、助かる人も増えています。

ナース

治療に専念できる

欧米に比べると、日本の在宅医療は遅れていると言われていました。しかし、それに一石を投じたのが世田谷区なのです。患者本人とその家族が落ち着いて過ごせることに重きを置いて、治療にも前向きに取り組めるのがメリットです。